宝の前でまず一杯!

宝の前でまず一杯!

外房でライトな田舎暮らしを満喫しながら、自由気ままなギリシャリクガメたちとの生活を綴っています

我が家の快適温度って?

我が家の梅の木の花も散り始めてきましたが、気づけば3月も目前(驚)

やっと光熱費のピークも過ぎてきたかな?っとカンジるお世話係りです。

今回は、そんな我が家の『快適温度』について記録しておくことにします。

 

f:id:riku-nati:20200227101139j:image

いまから10数年前、リクガメ飼育を始めた頃の我が家(ケージ飼育を辞めた頃)は賃貸ということもあり、エアコンでカメ部屋の温度管理をしていました。

当時の我が家は、ライト類も新しい物(メタハラ等)が発売されれば購入し設置する状態。エアコンの設定温度も28度を下回ることはなく、加湿機もガンガンに使用していたので、冬場もTシャツ&短パンで過ごせるような環境でした。

旦那さんは、以前の我が家のリクガメたちのことを『電気仕掛けのカメ』と言っています。

確かに、以前使用していたサーモスタットの数を見ると納得してしまうほど(汗)← MAX 9頭も居ましたからね。

f:id:riku-nati:20200227104255j:image
f:id:riku-nati:20200227104258j:image

その後、引越しの度に徐々に環境も屋外志向が強くなり、屋内環境温度も低めに移行してきました。

現在は夏場はエアコン管理をし、冬場はガスファンヒーターでの管理になっています。

冬場の設定温度も、22〜24度まで下げホットスポットを一つ設置だけになりました。

いまでは、ケージ飼育ではなかなか実現できなかった温度勾配ができているため、シバ も とあ も1番快適な場所を自ら選び過ごすようになりました。

夜間の設定温度は20〜21度。寝床は決まっているため、寝床にはパネルヒーターを設置して夜間の冷えをふせいでいます。

 

夜間でも、室内温度が24〜25度になると シバ は目を覚まします。

シバ の中で24〜25度は、快適に活動する温度なのかもしれません。

お世話係りたちが寒くて室内温度を上げると、屋外に出たくなり窓まわりを練り歩く シバ。

f:id:riku-nati:20200227102234j:image
f:id:riku-nati:20200227102238j:image

小雨が降っていてもへっちゃら。

以前までは、風邪をひかせるのが怖くて絶対に屋外に行かせることはしませんでしたが、いまは寒さを納得させるために好きにさせています。

f:id:riku-nati:20200227102600j:image
f:id:riku-nati:20200227102602j:image

体が冷えれば戻ってきますし、、、

f:id:riku-nati:20200227102738j:image
f:id:riku-nati:20200227102734j:image

体を温める。← 自分で管理しています(笑)

 

結果的に、我が家では1番の寒がりさんは、、、旦那さんなのですが、旦那さんの体感温度を基準にするとちょっとだけ暖かすぎるようです。← 昼夜勘違いしちゃうので(汗)

 

★おまけ★

f:id:riku-nati:20200227104219j:image

ガチャポンのギリシャくんと記念撮影 by シバ

 

にほんブログ村に参加しています!

にほんブログ村 その他ペットブログ リクガメへ
にほんブログ村