宝の前でまず一杯!

宝の前でまず一杯!

外房でライトな田舎暮らしを満喫しながら、自由気ままなギリシャリクガメたちとの生活を綴っています

1日どのくらい?

8月はイマイチなお天気ばかり(←東京の連続降雨記録が21日) かと思えば、急な残暑でビミョーに風邪をひいてしまったお世話係りとは対象的に元気一杯の我が家のカメズ爆  笑

       

 ことしの夏(7月,8月)は、暑さ対策&長雨のおかげで夏眠することなく通常営業だった我が家のシバ照れ

  

 
 
夜間気温が下がらなかった翌朝は、一番に起きて早朝からバルコニーの巡回警備に精を出していますニヤリ
 
 
お世話係り的に以前から気になっている事があって、我が家のシバの1日の活動量はどのくらいなんだろう?
地中海リクガメの大先輩がホルス(7.5cm 160g)で調査した結果では300m弱だったようですが、この300m弱の活動量の中には障害物を乗り越えようと頑張ったり、転んで起き上がったり穴を掘ったりと様々な行動をしながら、少し休憩しては活動するを繰り返していたようですびっくり
成体のシバは常に全力投球でバルコニー(約10m×5m)の往復パトロールしていますニヤリ
大半は約5〜6mくらいの距離を何往復もしては寄り道をしたりして朝の数時間を過ごし、暑い日中は屋外ハウスやリビングで休憩をとり、夕方前に最終のパトロールをして1日が終了しますニヤリ
仮に、朝のパトロールを10往復しただけでも約100mになりますし、かなり速めのスピードですし実際にはそれ以上往復していると思われるし、野草ゾーンに行ったりと寄り道をしながらの活動量で考えると、ほぼ毎日朝だけで1kmくらいは歩いているのではないかと考えられます口笛
野生のギリシャリクガメなどは餌を探すために数km步くとも言われていますから、探さなくてもよいぶん野生のリクガメよりは活動量は少なめかな?と思っています!
これまで数回病院で診察をしていただいていますが、毎回四肢の逞しさを褒めていただいています音符 ←日頃のパトロールの成果ですねニヤリ
 
実際、飼育されているリクガメは餌を探すことなどがないので、ケージで生活している仔などは1日の活動量は少なめだと思いますショボーン 我が家の とあ も、冬場はケージ生活をしているので確認していますが活動量がぐーんと減りますショボーン 朝、目が覚めれば餌が用意されているわけですからねキョロキョロ まあ、ケージから出たくてウロウロと歩き回る程度かなーニヤリ

        

 あまり持論を文章にするのが苦手なので伝わりにくいと思いますが、何が言いたいかというと、、、現在の我が家のシバの生活スタイルは、お世話係りが可能な限りのスペースを提供し、活発な地中海リクガメ男子が野生のリクガメとまではいえませんが、自由気ままなに活動出来たらなーとの思いからです音符

 

シバに確認する術がないので、実際にはどーなのかわかりませんが、これからも我が家ではお互いに共存しながらのスタイルを快適に過ごせるように、状況に応じながら対応していきたいですねー爆  笑

 

 にほんブログ村に参加していますキラキラ  

にほんブログ村 その他ペットブログ リクガメへ
にほんブログ村